はづこのはじめていくじ

オタクと新米ママの両刀遣いのブログです

アメブロガーの「私は友達100人います」アピール合戦(意訳

アメブロガーは、ひとつの記事にアメブロガー同士の繋がりを意識したフレーズを必ずひとつ挟まないと死ぬ病に感染しているのか、やたらと「●●さんが」、「●●さんのブログが」を連呼します。誰に向けてのアピールなのか…「私はこんなにアメブロガーの友達がいますよ」という一般読者へのアピールなのか、「●●さんのことブログで話題にしといたから、私のことも頼むわね」っていう●●さん(アメブロガー)へのアピールなのか、「私は●●さんとこんなに仲が良い」というアメブロ仲間へのアピールなのか、ブログに書くことで「友達沢山いる私」を客観的に見たいオナニーショーなのか…。えーと、全部正解かな。アメブロの世界も大変だわ。オンリーの後に人気絵師さんだけが招待される痛いオフ会みたいなもんだわ(ex.キャラ同士の披露宴という設定の大型オフ。巨大なケーキが用意されがち。立派なホテルでウン万かけて行われる。TLに流れてくる身内ネタ満載のRTに、嫉妬の嵐が吹き荒れたりする。主催が「キャンセル出たので一名ドタ参待ってます!」とツイートし、勇気を出した一般オタクが参加希望のリプを飛ばすと「ごめんなさい、今回は顔が分かる方に限らせて頂いてます」とフォローも何もなくキッパリ断られがち。だったらツイッターで呼びかけるな。思うに、その呼びかけ自体がオナニーショー。見ていて凄く悲しくなる。私はあれ大嫌い)

私自身が、ワッと来られるとオッと引いてしまうタイプなので浅ーい関係の友達ってなかなかできない。本当に気の合うわずかな人とだけ友人になれるタイプ。深く長く。だからママ友もできないんだと思うんだな。「●●ちゃんのママ」という繋がりだけだとメリットがないというか…別に話してて楽しくねえし…ていうか何話すの?育児?そう考えると、別に育児のアレコレを話し合いたい相手が欲しい訳じゃない。当初はママ友欲しい、ママ友できないと悩むことがあったけど、一年経って、ママ友っていなくて良かったし、いたところで私の育休ライフが劇的に変わったかといえば変わらなかったであろう。なんでもかんでも友達がいりゃいいってもんじゃないわ(^.^)もう30なんだからさ、そんな…寂しがりやの10代じゃないんだからさ…へへ。ちなみに、通ってる体操教室のママたちもレッスンが終わると即座に帰り支度をして無駄話をしないタイプばかり。「余計なママ友は絶対に作らないぞ」という強い信念を感じる。非常に好感が持てます。

ママ友って作ろうと思って作るんじゃなくて、必要となれば自然とできるものだよね(名言)。幼稚園、小学校に入りゃ嫌でも繋がらなくちゃならないし。保育園…はどうかな。その後幼稚園に進むなら2歳で関係は打ち切りだしな。なんというか、保育園は少ない選択肢の中で(半ば強制的に)割り当てられた感があるから、価値観が合わない人って結構いると思うんだよな。その点幼稚園、小学校(私立の場合)は各校の価値観に賛同した人が集まってくるから、ある程度保護者のレベルは揃ってるはず。私の気難しい性格に合う人も2人くらいいるだろう(適当)。楽しみだなあ。

まったく関係ないけど、アメブロガーは「こんにちわ」と書きがちなんだけど、小学校で習わなかったのかな。80%が「こんにちわ」。教養のなさが見え隠れしてガッカリです。ちなみにメルカリでもほとんど「こんにちわ」。脳が痛くなります。

f:id:hhh000:20181121212247j:image

生まれた時から髪が薄く、一歳過ぎても髪が薄かったムスメ。全身ボディソープで洗っていたんだけど、いっちょまえに髪がキシキシ言うようになったのでシャンプーデビュー!つるんつるん。

 

web拍手送信完了!