はづこのはじめていくじ

オタクと新米ママの両刀遣いのブログです

ツイッターのプロフィールの年齢表記

 

近頃成人指定の頒布物にうるさい世の中なので、オタクツイッター民も年齢確認には敏感になってきました。

人気絵師さんのR指定アカウントをフォロー承認してもらうには、あの短いプロフィール欄にきちんと年齢表記しないとダメなのです。

 

この年齢表記ですが、その子の実年齢によって書き方が様々で面白い。推測ですけど。

基本型は「20↑」ですね。分かりやすくシンプル。たぶん実年齢の一番分厚い層は20〜23歳あたりじゃないかな。後述ですが30歳超えてもこの表記の方はたくさんいます。何歳でも使用できる便利な表記。だって嘘じゃないし。

ハタチになった途端喜び勇んでこの表記に変える子が多いです。なんとなく大人っぽくてカッコいい表記なんでしょう。ツイートの内容からほとんどが専門・大学生と思われます。

25歳を超えたあたりはまだ余裕があります。「25↑」のベーシックタイプは少なく、「アラサーオタク(^ν^)笑」「25↑のBBA」「とっくに成人済み」という自虐表記が多い印象。25はまだアラサーじゃない。BBAでもない。でも、20代前半をようやく脱して社畜オタクの仲間入りできた嬉しさがちょっとにじみ出てます。会社ツライとか、オフ飲みとか、独身会社員オタクを匂わせるツイートが多い。

30歳に近づくにつれて、表記はシンプルに逆戻りします。「20↑」、「成人済み」もしくは表記なし。もはや30歳を目前にすると、「ツイート見て判断できるだろ」と投げやりな気持ちになります。でも、一応マナーとして年齢表記をする。そんな感じです。

さて、これが未成年になると更に面白いです。

ベーシックは「18↑」。一応R指定も、読めるものは読める。フォロー許可も、してくれる人はしてくれる。私いろいろ心得てますから、いっちょ頼みますよ。この表記には中の人のそんな主張が見えます。18歳と19歳の限られた期間しか使わない表記です。ツイートの中身もちょっと背伸びした感じ。よく人気絵師さんにタメリプやクソリプかましてます。あと身内のごちゃごちゃ内輪ツイートが多い。

18歳以下は、「未成年」とハッキリ表記します。「15↑」「16↑」と刻むパターンも。矢印意味ねえ。だいたい学年上がるごとに数字を書き換えてるんで。とにかく早く大人になりたくて仕方ない印象。ツイートの中身は学校のテストや(試験と言うのがポイント)、学校で同人誌を貸し借りする話、カラオケオフの話など。恥ずかしげもなく色々呟きます。◯×◯過激派とか言い出します。微笑ましくて何時間でも読んでられます。

 

えーと、まあ、だからなんだって話ですけど笑

大人になるにつれて誕生日が嬉しくなくなると言います。よく考えれば、私も、18や19の頃は早くハタチになりたくて仕方がなかったです。20超えてる大人のオタクのお姉さんが、コミケの後アフターしてたり、仲間を募ってビデオ上映会してたり、原稿合宿してたり、そういう様子をブログで読むと羨ましかったな。

締め方がわかりません。言いたいことは別にないです。

あえて言うなら、私はそろそろ30歳になりますけど、心はまだ24歳です。