はづこのはじめていくじ

オタクと新米ママの両刀遣いのブログです

家を買う苦労のはなし。住宅ローンについて。

 

イェ-イ実家サイコーイエ-ィ!!

そんなサイコーな実家から徒歩10分の距離にこの度マイホームを購入しました。

もちろん、この場合の実家は、義実家ではござらぬ。正真正銘わたくしの実家でござる。

 

子供産まれるまでは「えーマイホームが実家近いとなんか嫌だなー笑。多干渉で旦那も肩身狭い思いするかも笑。」とかヌルいこと考えてました。

妊娠してから、旦那さんが心配するので実家の近くに賃貸借りてましたが(結局)、いずれは大好きな埋立地あたりにマンション買って、ステキな埋立地ライフを過ごしたいな〜なんてヌルいこと考えてました。お台場サイコーな。

んなバカな!バカか!あのね!実家が近いってどれほど幸せなことか!

方々から叱られるかもしれませんが、わたくしは子供が生まれてから丸2ヶ月里帰りしてました。里帰りっつったって、住んでる賃貸アパートとは徒歩20分の距離ですけど。そして、生後4ヶ月の現在も週の半分実家に身を寄せています。だって楽なんだもん。月齢の小さい子を育てるのは体力も精神力も削られます。頼れるもんは頼った方がいい、マジで。

んなもんで、マイホーム埋立地計画はあっさり諦めました。両親の多干渉?ええ、大いにウェルカムですよ。一緒に西松屋行ってくださいよ。木曽路の個室ですきやき奢ってくださいよ!

 

ではここで、家を買うまでの苦労の話でも。

 

子供が抱っこひもに耐えられるようになる頃、我が家は本格的に家を探し始めました。

すぐ見つかりました。1ヶ月で決めました。

そう、家探しは短期集中がおすすめです。内見しすぎると訳が分からなくなります。そして体力を奪われます。不動産屋さんが大量に物件を探してくれる賃貸と違って、マンションは基本的に一軒一軒自分で連絡して内見予約を取ります。見られるのは、週末に二軒が限界です。なぜなら、内見の後は必ず営業マンのセールストークにお付き合いしないといけないからです。これが辛い。長い。家探しが面倒くさくなる。

重視する項目を二、三決めたら、それに当てはまらない家は候補からバッサリ落としてください。見るだけ無駄になります。ちなみに我が家の条件は、

①実家に近い

②金額

③新築

でした。

 

さて、買う家が決まったら、次は住宅ローンです。

このローン審査、とっても厳しいです。家なんて簡単に買えると思ったら大間違いです。学校で教えるべきだと思います。

我が家は夫婦共働きで、私が産休に入るまで世帯年収は1000万ありました。1000万って凄く大金に聞こえるでしょ。ローンなんて簡単に通ると思うでしょ。

結果から言うと、メガバンからはあっさり断られました。地銀が条件付きでようやく貸してくれたって感じです。

銀行は、後ろにいる保証会社の出した結果を伝えるだけなので、ローンを断られた理由は一切明かされません。なので、この先は、ローンを断られた理由を憶測で。

まず、私が産休育休中だったこと。この場合、たとえ復職希望だとしても妻の年収は世帯年収に加えてもらえないことが多いです。つまり、夫の年収のみで銀行と戦うことになります。

その次に、勤続年数が短かったこと。転職して数年だと、貸すのを渋る銀行は多いです。転職グセがある人は、そのうち仕事を辞めちゃって、収入が不安定になる可能性があるからでしょうか。

まほかにもあると思いますが、こんなとこでしょうか。あと借入金額とか。

地銀はメガバンと違い、妻が産休育休中でも源泉徴収の何パーセントかを年収として考慮してくれます。それから、審査もメガバンより緩いです。

 

というわけで地銀で無事ローンを組めることになったのですが、条件をいくつか提示されました。何個かピックアップしてご紹介しましょう。

まず、私のリボ払いを一括返済の上、クレジットカードの解約。

これね、わたし、とってもショックでした。

銀行は毎月の返済が滞るリスクを少しでも減らしたがります。リボ払いは雪だるま式に負債が増える恐れがあるので、返済を求められるのはなんとなくわかる。でも、カードは…。

私はクレジットカードのステータスにこだわっていて、実に6年かけてゴールドカードにクラスアップしたばかりでした。年間200万以上クレジットカードにつぎ込んでました。それを手放せってね、アンタ…アンタ簡単に言うけどね…。

ゴールドカードはショッピング枠もキャッシング枠も桁違いです。これは、使っていても使わなくても負債扱いになるそう。なので、銀行としては、こちらもリスク回避しておきたいわけです。

さよーなら、わたしのゴールド。もう二度と手にするチャンスはないでしょう。

そうそう、なぜ銀行が私のクレジットカード事情を知っているかというと、信用情報機関に問い合わせをしているからです。これは、個人のクレジットカードやローン、水道電気代などに返済遅延がないかを記しているもので、私たちでも開示請求すれば確認することができます。私は趣味で年に一度は照会してます。

「今月携帯代払うの忘れてた!ハガキ来たけどま、いっか!」

という経験がある方、あなたの信用情報バツがついてますよ。今後クレジットカード作れない可能性があります。お金の遅延は絶対にダメです。要注意。

 

そして、団信の加入も条件のひとつです。

団信とは、団体信用生命保険の略で、簡単に言えばローン返済中にガンや病気で死んじゃった場合、保障会社が全額代わりに返済しますよって保険です。

この団信もやっかいで、3年以内に手術や通院歴があったり、特定の持病がある場合は審査対象になります。特にメンタル系の通院歴があったり、心臓系の病気があると断られる可能性が高まります。要は死に直結する病です。銀行としては、死ぬ可能性がある人にこころよくお金を貸したくないわけです。

団信に入れないと、自動的にローンは断られます。そういう方向けにフラット35というローンがあったり、病気を大目に見てくれるワイド団信なんていう保険もあるので、調べてみるといいと思います。

 

このようにさまざまな条件を飲んでようやくお金を借りられることになりました。

私がリボ払いを一括返済させられたのと同様、車のローンや奨学金は一括で返済させられるケースが多いと聞きます。

お金を借りるのにお金を使わないといけないんですよ。もうね、家買うのって金持ちの戯れなの?状態。ナンセンスでしょ。

ちなみにですが、うちはペアローンを組みました。これは、夫と妻で金額を半分こするローンです。お互いを連帯保証人にして、一人ずつ借金を負います。なもんで、私は立派な借金持ちです。イエ-イ。保育園入れられなかったら爆死です。

 

結論ですが、お金は大事。お金はいくらあっても足りない。お金はなかなか貸してもらえない。あと健康第一。

家の購入を考えてる方は、時期や、健康状態、蓄え、あと己の信用情報ですね、色々見直して、スケジューリングして頂いた方が良いかと。

 

あ!最後に!

産休に入ると、その次の年度の源泉徴収はガクンと下がります!そうすると、借りられるお金もガクンと下がります!産休中の方は次の年度になる前に家買った方がいいですよ!言ってる意味伝わるかな?!わかんなかったら連絡ください!