はづこのはじめていくじ

オタクと新米ママの両刀遣いのブログです

人間として衰退すること

おはようございます。

朝の絶叫タイムに付き合っています。

 

両手がしっかり使えるようになった娘はひとり遊びも上手になりました。

生後3ヶ月までは基本的に垂直に転がってるのが仕事なので、「あれしたい」「これしたい」にも泣いてアピールするしかありませんでした。

これが生後3ヶ月になった頃から、視力が良くなり足に力がつき握る力が強くなり、垂直に転がる以外にも出来ることが増えます。

暇なときはおもちゃを掴んで舐めて振り回す。

上空で回り続けるメリーについて小一時間考える。

ベビーベッドの柵を蹴って時計回りに移動する。

など。(ちなみに重すぎるのか寝返りはしません)

 

ひとり遊びができるようになると、母は自分の時間が持てるようになります。

お茶を飲んでひと息ついて、考える。えーと、子供できる前は暇なとき何してたっけ。

 

何かの病気にかかってSNS断捨離を始めた私にとって、社会とのつながりはツイッターとブログだけです。

しかも、ほぼROM専、呟くときはかなりの確率で一方通行。

楽しいです。嫌な煩わしさがなく、身軽。

 

ほぼ一日、宇宙語しか発しない赤子と二人きり。ちょっとそばを離れると泣くことがあるので、基本3メートル以上離れられない。

この前返信ハガキに久しぶりに自分の名前を書いてびっくりしました。なんかね、字が書けないの。びっくりするほど汚いし、書きたいスピードに手が追いついてこない。

それから、言葉も出てこなくなります。単語が思い出せないから話が支離滅裂で、こちらもまた、話したいスピードに喉が追いついてこない。途中で想像上のキモオタみたいに「ンゴァッ」とか「ウヒォッ」って変な息継ぎが入ってしまう。

あとね、化粧や服に気を遣わなくなりました。

アパレルの正社員でいつも身綺麗にしていたつもりなのに、子供ができた途端どうでもよくなりました。

変な服着てても「まあ、ちいさい子供がいるから仕方ないね」この免罪符。

わたし3ヶ月ドライヤー使ってません。

 

3ヶ月人に会わないだけで人間は衰退します。びっくりしました。

いくらツイッターで社会とのつながりを維持しても、人間として女として日々衰弱します。

アフリカの原住民は子供が生まれると暗い納屋に3ヶ月くらい引きこもって子供と二人きりで過ごす慣習があるみたいですけど、まあ、それのライト版って感じです。

ワンオペのママは大変です。旦那さんが気づいた頃には、人間レベルがだいぶ下がっちゃってると思います。本人はなかなか自覚できませんので。

 

育児は楽しいです。子供の成長は上り坂じゃなくて階段式。この言葉がまさにって感じ。昨日できなかったことが、今日できてる。それがすごく楽しいです。

でも、疲れます。人間レベルが落ちてると自覚すると、さらに疲れて焦ります。

あんなに児童館を嫌がっていた私が、焦ってベビークラスの時間を調べるくらいです。

私は母である前に人間ですので。人間レベルはできれば落としたくない。誰かと話さなければ!文字を書かなければ!せめて眉毛は書こうと!

 

対面式の社会とのつながりは大事です。

ママ友を作るとは、自分の人間レベルを保つためだったのか。

だれか私とスカイプしてください。

えっスカイプってまだサービスやってる?やってるよね?